Schnellkontakt - AP Company

intelligent fluids GmbH

+49 (0) 341 319 68 10
info@intelligent-fluids.com

Hier finden Sie alle Ansprechpartner

intelligent fluids GmbH
Karl-Heine-Straße 99, 04229 Leipzig

Kontaktformular


Intelligent fluidsの基盤は、自然法則を非常に複雑に、またユニークに組み合わせたものです。分子が乱雑さや最大分布に向かうという自然傾向(エントロピー)が、凝集への衝動(オストワルド熟成)に遭遇して、疎水性、親水性のある複数の素材が相互に作用し続けるようになります。
Intelligent fluidsは、流体によって異なりますが、内部のダイナミクスについては、毎秒1000から8000もの運動が発生しており、微細な「マイクロ地震」といえるものです。印刷産業のお客様からは「液状の超音波」のようだ、と言われています。
Intelligent fluids内の振動を感じることはできません。しかし光は流体内のPlasmicell(「プラズマ」と「ミセル」の合成語)の屈折率の差により散乱するので、変化し続ける構造をレーザーで可視化できます。
Intelligent fluidsは人間、自然、環境にリスクを与えるものではありません。通常、pHは中性、また生分解性があり、そして皮膚科学の面でも安全です。そのため溶剤ベースの化学物質とは一線を画したものとなっています。
Intelligent fluidsは、化学的メカニズムではなく、分子チームワークから構成されています。化学的効果は避けられませんが、しかし通常は流体の機能そのものではありません。
全体としては個々の原材料自体ではなく、様々な原材料の相互作用によるものです。
Intelligent fluidsは組成の面では化学品となりますが、独自の物理学的作用方式は湿式物理として、湿式化学とは一線を画したものです。
Intelligent fluidsは(汚れ、インク、塗料など)の膜に浸透し、全面的に分散させることで汚れを浮かせて、マイルドに基材から物理学的に剥離します。
いいえ。Intelligent fluidsは、そのままで使用できる状態でお届けしています。希釈すると流体の効果に悪影響を与える、または完全に損なってしまいます。
水やその他の液体(例えばアルコール)を加えると、Intelligent fluidsは直ぐに作用をやめます。そのため使用者は任意に作用を止めることができます。通常、これはすすぎ(リンス)プロセスの初めに行われます。