Schnellkontakt - AP Company

intelligent fluids GmbH

+49 (0) 341 319 68 10
info@intelligent-fluids.com

Hier finden Sie alle Ansprechpartner

intelligent fluids GmbH
Karl-Heine-Straße 99, 04229 Leipzig

Kontaktformular

テクノロジー

Intelligent fluidsは人間、自然、環境にリスクを与えるものではありません。通常、pHは中性、また生分解性があり、そして皮膚科学の面でも安全です。そのため溶剤ベースの化学物質とは一線を画したものとなっています。
技術の基盤は分子のチームワークと成分の慎重な調合を基盤としています。こうして分子が特別なチームを形成することで、Intelligent fluidsの様々な課題、例えば浸透、剥離が可能になります。他の材料と接触した状態で剥離する際にも、Intelligent fluidsは洗浄する表面にダメージを与えることはありません。
Intelligent fluidsのほとんどは水、また主に化粧品に使用されている成分によるもので、危険性のある成分は使用していません。
Intelligent fluidsの基盤は、自然法則を非常に複雑に、またユニークに組み合わせたものです。分子が乱雑さや最大分布に向かうという自然傾向(エントロピー)が、凝集への衝動(オストワルド熟成)に遭遇して、疎水性、親水性のある複数の素材が相互に作用し続けるようになります。
Intelligent fluidsは、流体によって異なりますが、内部のダイナミクスについては、毎秒1000から8000もの運動が発生しており、微細な「マイクロ地震」といえるものです。印刷産業のお客様からは「液状の超音波」のようだ、と言われています。
Intelligent fluids内の振動を感じることはできません。しかし光は流体内のPlasmicell(「プラズマ」と「ミセル」の合成語)の屈折率の差により散乱するので、変化し続ける構造をレーザーで可視化できます。
Intelligent fluidsは、化学的メカニズムではなく、分子チームワークから構成されています。化学的効果は避けられませんが、しかし通常は流体の機能そのものではありません。
Intelligent fluidsは組成の面では化学品となりますが、独自の物理学的作用方式は湿式物理として、湿式化学とは一線を画したものです。
全体としては個々の原材料自体ではなく、様々な原材料の相互作用によるものです。
Intelligent fluidsは(汚れ、インク、塗料など)の膜に浸透し、全面的に分散させることで汚れを浮かせて、マイルドに基材から物理学的に剥離します。
Intelligent fluidsの技術では、特定の膜のみを剥離できるため、通常、基材がダメージを受けることはありません。

アプリケーション

Intelligent fluidsの使用時の保護措置は、最大でも旧来の化学物質ベースの競合製品と同じレベルです。Intelligent fluidsの性質はマイルドなため、いくつかの措置が省略可能です。通常、潜在的なリスクは、Intelligent fluidsではなく、剥離した膜によるものです。
必ず表面が完全に濡れた状態になるようにしてください。効果を高めるために、攪拌槽などを使用して流動を良くすることをお勧めします。
Intelligent fluidsの使用する際に最適な温度は、通常は15℃から60℃となっています。特定の製品では、-5℃から90℃での使用も可能です。5℃以下で流体は分離しますが、凝固点以上に加温すると元に戻ります。詳細な使用方法については、各Intelligent fluidsのデータシートをご覧ください。
溶解する膜の性質、特に浸透する膜の強度によって異なります。効果を発揮するまでの時間は、使用環境により数秒から数分となっています。
Intelligent fluidsは乾燥させないでください。溶解した膜も再び固まってしまうので(「再付着」)、期待した効果を発揮できません。すすぎは、必ずまだ濡れている間に行ってください。
他の洗浄方法と同じく、ブラッシングや拭き取りが非常に役立ちます。ただし、必ずIntelligent fluidsの使用状況に応じて、効果を発揮した後に行ってください。
水やその他の液体(例えばアルコール)を加えると、Intelligent fluidsは直ぐに作用をやめます。そのため使用者は任意に作用を止めることができます。通常、これはすすぎ(リンス)プロセスの初めに行われます。
水や他のものが混入していなければ、Intelligent fluidsは繰り返し使用できます。
乾燥した後でしたら、同じ場所にもう一度使用しても大丈夫です。稀にですが、特定の使用状況ではいわゆる「再付着」、つまり溶解した膜の沈着を防止する必要があります。というのも、こうして沈着した膜は、前よりも強く固着することがあるためです。
残留物の発生を防止するには、適切な使用が非常に重要です。Intelligent fluidsは、使用後に水やアルコールですすぐことで、表面(基材)に残留物が発生するのを確実に防ぎます。
Intelligent fluidsの性質はマイルドなため、機械的、化学的に固着した膜、例えば焦げたり、溶けて付着した汚れは除去できないことがあります。下記の除去は非常に難しい、または不可能です(エポキシ樹脂、ポリウレタン、ポリ尿素、金属間化合物、無機基材上の無機層、ナノ粒子を機械的な補助がない場合)。
いいえ。Intelligent fluidsは、そのままで使用できる状態でお届けしています。希釈すると流体の効果に悪影響を与える、または完全に損なってしまいます。
Intelligent fluidsは他の洗浄剤と混ぜないでください。しかし、別の洗浄剤の使用前、使用後でしたら、Intelligent fluidsを使用しても大丈夫です。

製品

Intelligent fluidsは熱力学的に安定してはいますが、容器の関係で、通常、12か月以内に使い切るようお願いしています。有効期限は、製品に表示されています。
Intelligent fluidsに微粒子は含まれていません。これらは、いわゆるPlasmicellenをもつ液々システムで、形態が変化し続けるものです。
Intelligent fluidsは通常、水に悪影響を与えないので、排水として普通に処理できます。Intelligent fluidsの処理については、汚れ、容量、また地域ごとの規定に従ってください。それとは別に、これまでの化学品の処理プロセスは、Intelligent fluidsにも引き続きご使用いただけます。
保管方法は各データシートに記載がありますが、原則として室温で保管してください。また直接、紫外線が当たらないようにしてください。
Intelligent fluidsにはエコノミーとエコロジーの点で、多くの長所があります。Intelligent fluidsを使用すると、エネルギーのコスト(室温でも使用可能です)とプロセス時間を削減し、パフォーマンスを向上させ、機械や設備、基材と表面を保護することができます。また有害成分による健康リスクが大幅に低下します。
Intelligent fluidsは透明で、光学的に単相です。
流体が透明でしたら、完全に効果があります。流体が濁っているのは、相が分離しているためで、本来の機能が失われていることを示しています。

必要な情報がありませんか?

この他の質問や情報については、お問い合わせフォームを使用するか、直接お問い合わせください。